花嫁が心待ちにするウェディング。

純白のドレスで花嫁に多くの女性が憧れをもっている事だと思います。

男性にはあまり興味のないものかもしれませんが、女性にとってウェディング・スタイルの選択は結婚式の準備で一番重要視される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

『コンセプトウェディング』という言葉が注目され始めています。

 

一生に一度の晴れ姿…
誰でもウェディングには失敗したくないものですよね。
後悔しない結婚式を挙げる為にも、事前の下調べから多くの時間を費やす必要があるのかもしれません。

ウェディングと一言で言っても、様々な形式への望みがあります。
「教会で結婚式を挙げるのが子供のころの夢だった」
「堅苦しい誓いの無い結婚式が良い」
「厳かに神社仏閣で式を挙げたい」
ご新婦様が挙げたいウェディングは本当に人それぞれ。

「ウェディングのスタイルにあまり興味が無いので、正直何でもいいです」とお話しされていた新郎新婦も、
いざウェディングスタイル選びが始まると、普通よりも時間が掛かってしまう傾向があるくらい、女性はウェディングスタイルに対する強い思い入れが無意識に生まれる傾向にあります。

 

ピンクをテーマにしたコンセプトウェディング

 

だからこそ、多くのご新婦様からのニーズに応えるべく、様々なウェディングスタイルを提案しています。
挙げられるウェディングスタイルの幅の広さは非常に重要なものだと考えられるからです。

 

単にウェディングのスタイルを決まった選択肢の中から選ぶだけでなく、選択肢に縛られず希望のウェディングスタイルで挙式できるよう、ウェディングプロデューサーの活躍するシーンも年々年々増えてきています。

 

では、ウェディングにおけるコンセプトとは…

 

『何よりも重要とする結婚式のテーマ』を決める事がコンセプトウェディングの考え方です。

ウェディングの内容を比較的自由に選べる「オリジナルウェディング」もありますが、コンセプトウェディングとの違いとして、『自由度の違い』が第一に挙げられます。

 

オリジナルウェディングでは、新郎新婦のお二人が自ら選らんだお料理や衣装、アイテムが結婚式に使われますが、一概にオリジナルといっても、式場側から選択肢を出され、そこからお二人が選択してオリジナル度を高める形式となります。

ピンクをテーマにしたコンセプトウェディング

その意味で、オリジナルウェディングは「人と同じ結婚式は嫌。ただ、時間に余裕もないし、ある程度は自分達で決めたいけど、お任せする部分もある。」という新郎新婦にお勧めです。
式当日の流れや演出、そして引き出物アイテムなど、式場側から用意されたものの中から選び、オリジナルウェディングは完成します。
小物アイテムの持ち込み等を許可している会場が増えていますが、持ち込み料が発生したり、持ち込みNGのものがあったりなど、何でも持ち込みできるというわけではないので会場やプロデュース会社に問合せをしましょう。

ピンクをテーマにしたコンセプトウェディング

 

一方、コンセプトウェディングは「こういう景色の中でこういうドレスを着て、こういう変わった演出をしたい。」という結婚式のイメージが明確に固まっている新郎新婦に是非、お勧め致します。
新郎新婦お二人が希望する結婚式を式場側はありとあらゆる手段で叶える必要がある為、双方にはそれなりの苦労はありますが、”普通の結婚式”にはならないはずです。

 

結婚式に対して強い思い入れがある場合は、コンセプトウェディングを用いれば、人とは全く違った結婚式を創り上げる事が出来るのです。

 

そして、最重要とされるドレスですが、コンセプトウェディングにおけるドレスとは、結婚式のテーマに合わせたお二人のこだわりがドレスのデザインやカラーとなって表れているのだと思います。

ウェディングドレス

一着の完成したウェディングドレスがそこにあっても、ウェディングのコンセプトに合わせてリメイクする必要もあるかもしれません。
でも、それでいいのです。
それこそ、決まった事など何一つない、本当の自由なコンセプトウェディングの形なのです。

 

ウェディングガーデンの『コンセプトウェディング』をぜひご覧ください。