歴史があるクラシックな洋館で結婚式を挙げるのは女性の永遠の憧れ!

東京でも海外の映画のようなウェディングをおこなえる会場がいくつかあります。

その中でも私たちがオススメしたいのが文京区にある東京都指定文化財「旧細川侯爵邸 和敬塾本館」です。

旧細川侯爵邸 和敬塾本館とは

旧細川侯爵邸の結婚式

 

1900年代初めの代表的な洋館「旧細川侯爵邸」。

一般公開はされておらず、選ばれた方しか足を踏み入れることの出来ない貴重な建物です。

歴史書、テレビ等で見られる「旧細川侯爵邸」は参列されたゲストの方々から「どこかで見たことある!」「ここの建物か!」とお声があがります。

エントランスをくぐり抜けると重厚感のある階段、一歩一歩歴史を感じながら階段を昇るとその昔要人たちをもてなしたと言われるパーティルームが。

重厚感のある建物からは想像しがたい温かく落ち着きのある空間が広がります。家主の心の温かさが見られます。

「おもてなし」を大切にした会場でお出しするお料理は本格フレンチ。お2人と近い距離でお召上がり頂くお料理の味は格別です。

旧細川侯爵邸のガーデン挙式

建物を抜けると広がるプライベートガーデン。

都心に広がる森をバックに挙式、デザートブッフェ、お写真撮影などお2人らしくお楽しみください。旧細川侯爵邸は一般公開されていない建物で、希少価値が高く大人気のため、年内の日程も僅かしかご案内ができません。

 

 

旧細川侯爵邸 和敬塾本館の結婚式の様子

旧細川侯爵邸 和敬塾本館の結婚式の様子

そんな旧細川侯爵邸でのウェディングの様子です。

その日のお二人は、花に囲まれたウェディングをテーマに結婚式のご準備を進めていらっしゃいました。

 

旧細川侯爵邸の結婚式

会場全体は、アンティークローズの色味とユーカリを使用したシックでアンティークな色味のお花で統一をしました。

会場の装花もシンプルにユーカリとカスミ草でシンプルに会場の雰囲気を作りました。

 

旧細川侯爵邸の披露宴会場

アンティークな小物を会場に飾られたお二人。会場にぴったりでした。

飾りつけのアドバイスは、装花担当のエドウィンとプランナーで行いますので

イメージのないお二人でもご安心ください。

素敵な空間が出来上がります。

 

普通の式場施設では味わえない、落ち着いた雰囲気を併せ持つ「旧細川侯爵邸 和敬塾本館」

古き良きものを愛するお二人にはぴったりの結婚式場です。

ぜひ、見学いただき、その良さを体感してください。

きっとお気に入りいただけるはずです!

映画の舞台のようなクラシカルな雰囲気と広大なガーデンで貸切結婚式をするなら「旧細川侯爵邸 和敬塾本館」へ!

詳しくはこちらから