日本と言えば、「和」が伝統の文化として他国にも幅広く知られています。そんな日本を代表する伝統の一つが、日本庭園です。池を中心に庭石や草木が配されて、四季を感じることができる点も日本庭園の特徴の一つではないでしょうか。日本国内には有名な日本庭園が数多くありますが、今回は横浜の観光地としても親しまれている「三渓園」についてご紹介していきます。

三渓園は日本を代表する庭園

三渓園は重要文化財古建築にも指定された建築物がいくつも配されている日本を代表する庭園です。三渓園の数ある建築物の中の一つ、「鶴翔閣」ではなんと結婚式を挙げることができるのです。鶴翔閣は横浜市指定有形文化財に指定されており、普段は一般公開をされていない貴重な建物です。そんな貴重な建物で挙げられる結婚式には素晴らしい特徴が三つあります。

一つ目

一日一組で貸し切りの空間で結婚式を挙げられることです。広大な日本庭園を眺めながら、大切な人達とゆっくり過ごす時間は何物にも代えがたい貴重なものになります。

二つ目

目で見て味で楽しむ食事です。和の料理は芸術と言われているほどとても繊細で綺麗なものです。そんな素晴らしい和の食事を歴史が感じられる空間でゲストをおもてなしすることができます。

三つ目

普段立ち入ることができない建築物ということです。普段立ち入ることができない場所というのは、それだけ特別なものになります。それは新郎新婦にとってもゲストにとっても同じことが言えるでしょう。結婚式で鶴翔閣を訪れた人は、またその場所を訪れる度に二人の結婚式を思い出すようになります。そういった特別なものになるのは、普段入ることができない特別な場所だからこそです。

伝統的な建築物がもつ結婚式に花を添える鶴翔閣の雰囲気

伝統のある建築物だからこそ、鶴翔閣には他の式場にはない特徴がたくさんあります。結婚式は二人にとっても大切な門出の日です。せっかく和装を着て結婚式を行うのであれば、空間も最高なものにしてより素敵なものにしてみてください。

三渓園の鶴翔閣はこちらからご覧いただけます。