誰もが憧れる結婚式。
花嫁姿といえば、ウェディングドレスやカラードレスが定番ですが、和婚が人気を集めている最近、「和装も興味がある!」という方も多いのではないでしょうか?
しかし、「当日重くて大変そう…」「自分に似合う色や柄がわからない…」と普段着慣れないお着物に対して不安を抱く方も少なくはありません。

そこで、今回は着物の選び方のコツや、人気のデザインなどを知り、和装を身近な衣装候補にしていきましょう!
今回は特に打ち掛けについて詳しくご紹介いたします。

和装の衣装選び

色打掛

和装の種類

日本の伝統的な和装には、小物まで白一色で統一された白無垢や、黒地でシックな黒引き振袖、金箔や刺繍の施された華やかな色打掛けなどがあります。
 

◆白無垢

白い掛下に白い打ち掛けをはおり、小物から下着まで全てを白で統一したもの。
「嫁ぎ先の色に染まる」という意味を持っています。

白無垢
出典:イノセントリー(http://www.innocently.jp/)
 

◆黒引き振袖

もともと武家の婚礼衣装として着用されていた黒地の裾の長い振袖で、近年人気が高まっています。

黒引き振袖
出典:イノセントリー(http://www.innocently.jp/)
 

◆色打掛け

白以外の打ち掛けで、赤や緑、黒などの地に、鶴や亀、鳳凰、末広などが金銀糸で刺繍されています。
鮮やかで豪華に見えるので、お色直し後の衣装として人気です。

色打掛け
出典:イノセントリー(http://www.innocently.jp/)
 
いずれも格調高く、挙式で着用が出来ますが、挙式には白無垢や黒引き振り袖、披露宴に色打ち掛けを着ることが多くなっています。
また、最近はオーガンジーやレースなどを素材としたドレス感覚で着用できる打ち掛けなどの「新和装」も人気が出てきています。
かつらを付けるのではなく、地髪をアレンジして生花を飾ったりと、現代風に着こなすのがオススメのスタイルです。

試着の際の注意点

色打掛

花嫁でなければ着ることのできない特別な衣装である白無垢や色打掛け。
一生に一度の結婚式ですので、ぜひ挑戦してみたい所です。
しかし普段着慣れていないこともあり、衣装選びの際にどのような点に注意して試着をすべきかわかりづらいですよね。
そこでここからは、特に打掛けの試着の際のポイントをご紹介いたします。

◆柄や色見だけで選ばない

色や織り、柄によって印象が大きく異なる色打掛け。
自分好みの柄や色味だけで選択してしまうと、実際に着てみた際に花嫁の印象と合わない場合があります。
注目すべきポイントは花嫁の体型と、打ち掛けの柄!
背が高くて大きい花嫁の場合は柄も大きいものを選ぶのがポイント。
一方、背が低く全体的に小柄な花嫁の場合は柄の小さいものを選ぶようにしましょう。
小柄な人が大きな柄や色鮮やかな色打ち掛けを着るとアンバランスになることもあるので、見極めが重要です。

◆後ろ姿のチェックを忘れずに

試着時は、前からの雰囲気だけではなく、招待客の視線を集める後ろ姿も要チェック!
打掛けは背中の帯の辺りが最も目立つポイントなので、帯が綺麗に見えるタイプの打ち掛けを選ぶようにすることで立ち姿や歩き姿もより一層映えます。
試着をしたら写真を撮り、後ろ姿を確認するとともに、着物の地色が肌の色にあっているか、また外袖の柄の出方も忘れずに確認しましょう。

このポイントを押さえて打ち掛けを選ぶようにすると失敗する可能性はぐっと低くなります。
また和装の試着は洋服の上から打掛や振袖を羽織る場合もあるため、首の詰まった服装は避けていくとよいでしょう。
これらの点を意識しつつ、是非衣装選びを楽しんでくださいね!
 

和の本格式場。1日1組様限定の文化財貸し切りウエディング
三溪園のブライダルフェアはこちらから

 

人気の打掛9選

それではここからは最近人気のパステル系、王道の赤、ちょっと個性的な一枚まで様々な人気の色柄をご紹介してまいります。
これから衣裳選びを始める花嫁は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

今シーズンも注目は「淡色」!やさしいパステルカラーの打掛

最近人気が出てきているのがパステルカラーの打掛け。
カラーだけじゃなく柄も豊富になってきているため、可愛らしさ、上品さ、どちらの雰囲気も花嫁の好みに合わせて選ぶことができます。
 

◆小物次第で可愛くも上品にも!「水色」の打掛

可愛いお着物が着たい人にオススメなのはピンク色ですが、和装姿も華やかにしたいけど、ピンク色に挑戦するのはちょっと抵抗がある…という大人な花嫁さんにオススメなのが水色。
このようにお着物や打掛の柄と、ブーケやヘアード(髪飾り)を合わせるとより素敵になります。


出典:イノセントリー(http://www.innocently.jp/)

“空色のつややかな緞子の生地に、大輪の牡丹や藤の花、菊、桜、桔梗・・・。 日本の四季を彩る百花が咲き誇ります。優美な鶴が豪華な金の道長の上を 舞飛び、花嫁を祝福するかのような豊かな色彩が華やかさを放ちます。”(イノセントリー)

 

◆色鮮やかな「グリーン」は意外と合わせやすい!

少し珍しい緑色の打掛も、実は人気が高まっているカラー。
淡いグリーンとピンクの組み合わせは、花嫁をより柔らかな印象にしてくれます。


出典:イノセントリー(http://www.innocently.jp/)

“瑞々しい若草色に梅の花を全面に配し、豪華な金駒刺繍で大梅を咲き 誇らせました。上質な西陣織の生地に、極限まで色数を減らした彩色が 上品でかわいらしい花嫁を演出します。”(イノセントリー)

 

◆「オレンジ」系も華やか!

クリーム色がメインの生地にカラフルな刺繍を施した色打掛なら、
とても暖かみがあり、やさしい印象に。

色打掛け
出典:Authentique (https://authentique.jp/)

白地に暖色カラーで大きく刺繍を施した、贅沢な仕立て。

いつの時代も花嫁に人気。色打掛の王道はやっぱり「赤」

打ち掛けで一番人気のカラーはやっぱり赤です。
見た目の華やかさだけではなく、情熱や決意の意味が込められているパワーカラーでもあるので、
昔から白無垢から着替える打掛の色として良く選ばれていた色です。
また赤色の打掛はお顔の肌色をキレイに見せてくれるのでとってもオススメ。


出典:ラレンヌ(http://la-reine.jp/)

伝統的な鶴や桜の舞う刺繍は結婚式にぴったり。

「黒」地で気品あふれるシックな仕上がりに

黒といえば落ち着いた印象がありますが、他の色にはない豪華な雰囲気も兼ね備えているので、
エレガントな打ち掛けを希望される方にはおすすめです。
大人らしくて気品あふれる黒×ゴールド×赤は特に豪華な組み合わせ。
せっかく和装をするのだから厳かに、だけど華やかにしたい人には黒色の色打掛けはいかがでしょうか。


出典:Authentique (https://authentique.jp/)

思わず背筋がしゃんと伸びるような、シックなデザイン。

人とは違った色・柄が着たい!

ここまでは人気のカラーなどを紹介してまいりましたが、珍しい柄や、色地の色打掛けもご紹介してまいります!


出典:イノセントリー(http://www.innocently.jp/)

お祝いに相応しい鶴が、幾何学的な模様のようにはいっているところがおしゃれ。
ふきの部分もピンクで、色打掛け打掛にしては柔らかいイメージになる一枚です。
 
 

色打掛け
出典:Authentique (https://authentique.jp/)

流水文が目を引く、モダンな一枚。
四季の草花をあしらったとても上品な色打掛けです。
 
 
色打掛け
出典:イノセントリー(http://www.innocently.jp/)

引き締まった色合いの中にも華やかさのある深緑色の色打掛け。
中に合わせる振袖次第ではシックな印象にも、クラシックな印象にも変わることができる魅力的な一枚です。
 
 
色打掛け
出典:イノセントリー(http://www.innocently.jp/)

赤や白が主流のなかで珍しい濃いブルーの色打掛です。
大輪の牡丹や金箔の蝶をあしらった華やかな一着です。

まとめ

真っ白な白無垢から色のついた色打掛けに掛け替えることで、生まれ変わりの意味ももつ色打掛。
あなたならどのような雰囲気に生まれ変わりますか?
婚礼の時期によっては、春なら梅や桜、夏は藤や菖蒲、秋はキキョウ、冬は菊や松などの柄も
季節感があっておすすめです。
是非運命の一着がみつかることを願っています!

色打掛を着るならおすすめの和風結婚式場

ウエディングガーデンのプロデュースする「三渓園 鶴翔閣」は、和装での結婚式、前撮りにぴったり。
四季折々の表情を魅せる日本庭園、それを一望できる披露宴会場、暖かな自然光の降り注ぐ挙式会場、モダンな造りの書斎。

san01
 

全てがお二人の選んだお着物をより美しく引き立たせます。
木材の暖かな茶と、障子の美しい白、ガラス戸から見える庭の緑のみで彩られたシンプルな会場は、ベーシックな色打掛けはもちろん、先にご紹介したどのような色見、柄も映えさせてくれます。
文化財に指定された日本家屋を一棟貸切にし「和」空間を独り占めする1日はいかがでしょうか。
 

和の本格式場。1日1組様限定の文化財貸し切りウエディング
三溪園のブライダルフェアはこちらから