ガーデンウエディングで執り行う挙式を成功させた5つの例をご紹介させて頂きます。

ガーデン挙式を成功させた5つの例です。

新郎新婦のお二人が5つの事に気を付けた場合の成功例です。

まず一つ目はなんといっても『式場選び』を妥協しなかった成功例です。

新郎新婦のイメージ通りのガーデン挙式が可能な式場をしっかりと探しましょう。

妥協してはなりません。

少しでもイメージと違うのであれば、式場に相談するなり、他の式場を探す事も大事です。

二つ目は『衣装選び』が上手だった新郎新婦の成功例です。

移動が楽なウエディングドレスを選ぶと良いです。

あまり固くなく、ガーデンに合うドレスを選ぶと良いですね。

ガーデンで挙式を執り行う場合、少し足元が悪い可能性があります。

室内の挙式のようにタイルやフローリングではないので、ドレスのトレーンやベールがあまり長すぎないものを選ぶ事をお勧め致します。

三つ目は『時期』の選び方が素晴らしかった新郎新婦の成功例です。

当たり前ですが、ガーデン挙式を執り行うという事は、室外での挙式となりますので、ゲストへの負担も配慮しなければなりません。

その為、ガーデン挙式を所望する場合は、「真夏」と「真冬」を避けましょう。

ガーデン挙式を執り行う上でそれが必要最低限のマナーです。

そして四つ目は『ゲストへの気配り』が出来た新郎新婦の成功例です。

ガーデン挙式を執り行う上で、花粉症のゲストがいらっしゃらないか。

もしもいらっしゃった場合はゲストの方としっかり話し合った上で、挙式の参加有無を決定する事。

披露宴からの参加も検討して頂く事。

また、ペットの参加がある場合は、アレルギーのゲストがいらっしゃらないかを事前に確認しておく事も大事です。

「挙式に参加してみたらガーデン挙式で犬や猫も参加していた」と当日になって焦るゲストがいないようにしておきましょう。

そして最後の五つ目は『天候を味方につける事』が出来た新郎新婦の成功例です。

ガーデンウエディングにおいてこれが一番重要であり、一番難しい事でもあります。

当たり前ですが、雨が降ったらガーデン挙式は執り行えません。

天候を味方につける。

こればかりはお金や努力でもどうにも出来ませんが、天候を味方につけている新郎新婦は間違いなくガーデン挙式を成功させる事が出来るでしょう。