ガーデンウェディングで最も注意されるのは『天候』。

当日の結婚式を成功させるには、晴れが欠かせないと思っている方が多いようです。

しかし雨になっても記憶に残る素敵なウエディングをすることも出来るのです。

事前に室内の会場を確認

まずは室内の会場を確認しましょう。

もしも当日雨になった時の事を考えて、多くの式場は別で室内の会場を用意してくれています。

しかし、式場によってですので、事前に室内の会場を確認しておいた方が良いです。

室内の会場を用意するだけで別途料金が掛かる場合もありますので、よく確認してみて下さい。

雨になった時の対応

雨は素敵なムードを作ってくれます。

おそろいのパラソルで明るいムードに。
 

結婚式というご家族やゲストがいる場でも、雨が二人だけの空間を作ってくれます。
 

また、会場には芝生とウッドデッキの2パターンあり、芝生の会場で雨が降った時は、ガーデンに出ることは難しいですが、ウッドデッキには雨が止めばすぐに出ることも出来ます。
 

雨の日ウェディングは縁起が良い

雨は結婚式を流してしまうのでは、とご不安に思われる方もいらっしゃるようです。

けれど、雨の日の挙式は実は縁起が良いのです。
 

雨降って地固まる

雨は新郎新婦が抱えていた不安を洗い流してくれると考えられています。

まるで幸運の女神や天使からのお祝いのようです。

また、雨は命を育む最高の資源です。

その恵みの雨が挙式当日に降るというのは、とても喜ばしいことなのです。
 

ガーデンウェディングの雨にまつわるお話

一組の新郎新婦のお話です。

その新郎新婦はガーデンウェディングを第一希望にしていらっしゃいました。

ただ、お二人には心配な事があったのです。

それは、お二人とも『雨男・雨女』だったという事。。。

ガーデンウエディングをご希望されている事を伺った際、その事も同時にご相談頂きました。

新郎新婦と打ち合わせの日に限って雨が降っていたのです。

やはり晴れていることが前提となるガーデンウェディング。

もし当日も雨が降ってしまったら。。。

不安が頭をよぎる中ギリギリまで悩んだ末、後悔だけはしたくないという事で、

お二人は第一希望としていたガーデンウェディングを選ばれました。

室内の会場も用意をしていたのですが、

ガーデンウェディングを挙げたいというお二人の第一希望を何よりも叶えたいと思ったのです。

ガーデンウェディング

結婚式当日の予報:雨

結婚式一週間前の時点で雨の予報。三日前になってもまだ雨の予報のままでした。

やはりガーデンウェディングは諦めた方が良いのか…と思っていたのですが、

悲しげな新郎新婦のお顔を見ていると私もどうにかしたいと思い、

担当プランナーとして、希望を叶えるために出来る限りの事をしようと決意しました。

そこで思い付いたのが『てるてる坊主』を作る事でした。

「てるてる坊主を作ったところで、本当に雨の予報が変わるのか…」と不安もありましたが、

やってみないとわからない!

私は結婚式三日前からてるてるを何個も自宅の窓際に飾りました。

てるてる坊主

挙式当日予報:雨のち曇り

なんと…本当に奇跡が起こったのです。

これには本当に驚きました。

てるてる坊主には効果あると実感した瞬間でした!

そして、当日は一切曇りのない晴天。

ガーデンウェディングは大成功!

新郎新婦お二人の幸せな笑顔を見る事ができて、幸せな一日を過ごす事ができました。

雨になっても素敵な演出があるガーデンウェディングですが、

やはり快晴の中行われる結婚式は格別です!

雨男雨女だから…と迷っていらっしゃるお客様は

てるてる坊主を飾って当日に備えるのをおすすめします!
 
 

ラ・ブラスリーのブライダルフェア
ラ・ブラスリーのブライダルフェアはこちらから