一見、コンセプトウエディングには普通のウエディングよりも費用が掛かるように思われるかもしれません。

しかし、そうとも限らないのです。

式場側から指定されるものなど一つも無いのですから、一般的にはどこの業者さんに頼んでも、何を持ち込みしても自由なはずです。

しかし、そこで注意したいのは…

持ち込み可能範囲と持ち込み料に関して

衣装、ペーパーアイテム、装花、引き出物など、どこの式場にも提携している業者さんがあると思います。
これは式場側の都合なのですが、提携先との契約上、もしくは式場の利益上、コンセプトウエディングであっても持ち込みNGなものがあるかもしれません。

もし持ち込みが可能であったとしても、持ち込み料が発生する可能性もあります。
例えば、ウエディングドレスを持ち込む場合は、ドレス持ち込み料として数万円を式場に支払わなくてはならない場合があるという事です。
持ち込み料金に関しては式場によって金額が変わってきますので予め、式場にしっかりと確認しておいた方が良いですね。

そして持ち込みに関して問題が無ければ、コンセプトウエディングでは会場、お料理、ギフトなどのアイテム等々、すべて新郎新婦お二人の自由です。
自分達の予算の都合に合わせて、新郎新婦のお二人が調整出来るのです。
そう考えると、会場使用料の安い会場、食材原価を抑えたお料理、手創りのギフトやアイテムがあれば断然、結婚式の費用は普通の結婚式よりも抑えられるでしょう。
もちろん、お二人のコンセプトが『高級な結婚式』であれば話は別ですが…。

自由度の高いフルオーダーのコンセプトウエディングで結婚式を挙げるとなると、準備には相当な時間と労力が必要となるでしょう。

そして何よりも『新郎新婦の結婚式に対するこだわりの強さ』が、結婚式の費用を大きく変えていくものです。
結婚式の準備をするにあたって、一体何を優先するのか…。
準備時間の短縮、費用の削減、結婚式のクオリティーなどありますが、すべてを優先する事は出来ません。

結婚式の準備期間を短縮して、コンセプトウエディングを創り上げるとなると、お二人が手作りしている時間を削減する為、やはり式場に協力してもらわなければなりません。
そうなるとどうしてもそれなりの費用が掛かります。

しかし、新郎新婦に掛かる労力の負担は軽減される事でしょう。
授かり婚やお急ぎ婚の場合には結婚式の準備をゆっくりしている時間がどうしてもありませんので、式場のプロ達にしっかりとお二人のコンセプトを伝えた上である程度、お願いした方が良いと思います。

費用を削減しながら結婚式の準備をするという事は式場などに発注をかけず、新郎新婦のお二人が結婚式で使うアイテムなどを手作りする必要があります。
式場が決定したばかりの時は「自分たちで手作り出来るよね。」と意気揚々と思われる新郎新婦もいらっしゃいますが、結婚式が近づいてくると打ち合わせで宿題がどんどん出されます。

「次回の打ち合わせまでにゲストの席次を決めてきて下さい。」
「今度、結婚式で流すBGMをすべてCDに焼いて持ってきて下さい。」
「どのタイミングでスピーチや余興を入れるか、結婚式の進行を考えてきて下さい。」

などなど…ウエディングプランナーから出される宿題は、結婚式の日が近づくにつれて山のように積み上がってきます。
それらの宿題をこなしながら、手作りのアイテムを同時進行で作るとなると本当に大変…。
その為、結婚式の費用を削減する為にはそれ相当な時間と労力が必要となってしまうのです。

しかし、手作りのアイテムが多ければ多い程、結婚式当日は世界に一つしかないアイテムで式場が溢れる事でしょう。
それこそ、コンセプトウエディングを成功させるには、コンセプトに合わせて自らアイテムを手作りする事が出来ますね。

結婚式のクオリティーを優先した上で、コンセプトウエディングを創り上げるとなると、普通の結婚式よりも費用は掛かってしまうかもしれません。
しかし、すべてを結婚式のプロに頼むわけですから、中途半端なものは何一つ無いはずです。

コンセプトウエディングを創り上げるにあたって、新郎新婦が準備時間の短縮、費用の削減、結婚式のクオリティーなどから何を優先するのかによって、費用は大きく変わってくるという事。

そして、いくら会場スタッフが尽力してくれたとしても普通の結婚式とは違い、コンセプトウエディングに対する『こだわり強さ』が新郎新婦を悩ませる根源となる事もあるでしょう。

式場からの協力があっても、コンセプトウエディングを希望する新郎新婦への負担はそれ相応のものだと思います。
ですが、人と同じ結婚式にはならないはずです。
良いものを創ろうとすれば、それなりの苦労を味わう事は当たり前ですからね。

しかし、結婚式当日はその努力もすべて報われます。
普通の新郎新婦よりもこだわった分だけ、自由で何にも縛られない結婚式を創り上げる事が出来るでしょう。
結婚式当日は満足度の高い結婚式になる事、間違いなしです。

手創りのアイテムや式場以外の外注業者の持ち込みが多くなっている傾向にあります。

「手創りのペーパーアイテムがいい」
「いつも通っている美容院で毎回指名している担当の美容師さんに結婚式当日もヘアメイクをお願いしたい」
「地元で有名なお酒をゲストの皆さんに振る舞いたい」

そのような声が新郎新婦から挙がります。
もちろん、どこの式場でも新郎新婦からの要望には全力で応えようとしてくれるでしょう。
しかし、すべての要望に応える事は難しいのが現実です。

だからこそ、何でも出来る『コンセプトウエディング』というスタイルの結婚式が誕生したのだと思います。
そしてそれは、結婚式に対する意識が高まっているのではないかと私は感じました。
授かり婚や晩婚が増えている中、結婚式をしない結婚という『ゼロ婚』もしくは『無し婚』
どちらも結婚式は挙げないというスタイルの結婚です。

授かり婚の場合は「結婚式を挙げるお金がない」「妊娠していてお腹が大きいからウエディングドレスは着たくない」
晩婚の場合は「もう若くないからこの歳でウエディングドレスを着るなんて恥ずかしい」
このような結婚式を挙げたくない理由を抱えている為か、ゼロ婚層が増えてしまったようです。

だからこそ、ゼロ婚という言葉が誕生してしまった今の時代に『コンセプトウエディング』というスタイルが確立された事は、ウエディング関係者に喜びを与えたのではないでしょうか。

そんなウェディングガーデンの『コンセプトウェディング』のページを、ご覧ください。