• 会場を探す
  • ブライダルフェア
  • パーティーレポート
  • プラン
  • フォトギャラリー
  • ウェディングガーデンとは
  • tel.03-3499-3450
  • 資料請求・お問合せ
wakonmaedoriitem

最近は和装の人気が高くなり、着物で結婚式を挙げる人が増えました。
一生に一度の晴れ姿は、一番きれいな形で残しておきたいものです。
式の当日は挨拶にくる人たちの相手やお色直し、両親への挨拶などとバタバタしたするので落ち着いて写真を撮ることができない事があります。

色打掛

誰もが憧れる結婚式。
花嫁姿といえば、ウェディングドレスやカラードレスが定番ですが、和婚が人気を集めている最近、「和装も興味がある!」という方も多いのではないでしょうか?
しかし、「当日重くて大変そう…」「自分に似合う色や柄がわからない…」と普段着慣れないお着物に対して不安を抱く方も少なくはありません。

大安の結婚式

結婚式の日程を決める時に気になるのがお日柄です。
最近は特に気にしないという方も増えてきていらっしゃいますが、ご両親や年配のゲストの中には気になさる方が多いようです。
特に結婚式は「大安」で行うのが良いとされています。
よく耳にする「大安」や「仏滅」を含む、暦に記載されている吉凶の意味「六輝」について詳しくお話しします。

白無垢の花嫁

大切な人と夫婦の誓いをたてる大事な一日。

結婚式というと、どうしてもウエディングケーキ入刀や感謝の手紙といった華やかな披露宴のシーンを想い浮かべる人が多いでしょう。

しかし、実は「結婚式」とはそもそも‘結婚をする宣言をすること’つまり‘挙式’を指すことをご存じでしたか?

今回はその‘挙式’について、特に‘神前式’についてお話をしたいと思います。

 

三溪園で和装結婚式

日本の伝統的な衣装である着物。
結婚式の着物にはさまざまな種類があり、自分の希望や会場の雰囲気などに合わせて、組み合わせを変えることができます。
また着物には古来から伝わる柄の意味や季節を表す。それらを知っていると和装への興味も深まり
衣装選びが楽しくなるはず。ひとつひとつの花嫁衣装に隠された日本女性の
奥ゆかしさを感じ取りながら、和の装いを選んでみてください。

COPYRIGHT © 2015 WEDDING GARDEN ALL RIGHTS RESERVED.