【公式】北九州の結婚式場・ウェディングはザ マティルタスイート

北九州若松の結婚式場 ザ マティルタスイート

HOME > 北九州若松の結婚式場 ザ マティルタスイート > パーティーレポート > ゲスト参加型!笑顔に溢れたウエディングパーティ

パーティーレポート

ゲスト参加型!笑顔に溢れたウエディングパーティ

  • アットホーム

家族と友人参加型の演出が盛りだくさん!一体感のあるアットホームな結婚式

1.挙式の内容

挙式の内容は、出席してくれた友人や家族に証人となってもらう人前式を行いました。
二人で考えた誓いの言葉を読んで、二人が一番仲良くしている友人に証人のサインをしてもらい、自分達も、友人にとっても思い出に残る式になりました。


2.挙式の感想

その日はとても晴れていたので、チャペルからの風景、空の色と海が本当にきれいでした。
チャペル自体の広さはありませんが、その分ゲストとの距離が近く、一体感が生まれてよかったです。
リングボーイを友人の友達にお願いしたのですが、リハーサルも本番もしっかりでき、なにより、4歳の男の子が一生懸命リングを持ってくる姿が可愛く、式がとてもなごみました。

式後のイベントとして、ブーケトスではなく、シャンパンプルズを行ったのですが、ブーケトスよりも、既婚者、独身者関係なく参加してもらう事ができ、皆に楽しんでもらう事ができて良かったです。
チャペルでは、写真が逆光になってしまう事と、新郎の入場などは新婦が見る事ができないので、ムービーを撮ってもらう事をオススメします。


3.披露宴の内容

披露宴は、アットホームな感じの披露宴にしたいという思いがあったので、ほぼ二人の共通の友人や会社の人を招待し、自分たちはもちろん、ゲストも皆で楽しめる披露宴を目指しました。


4.披露宴の感想

2時間半の披露宴でしたが、本当にあっという間に終わりました。正直、「え?!もう終わり!?」と思うくらい、早く感じました。
披露宴も緊張して、色々とうまくやれるか心配だったのですが、スタッフの方が細かく指示を出してくれて、安心して動く事ができました。
高砂も段が無くフラットなので、写真を撮りに来たり、挨拶に来てくれる友人たちと目線が同じで、お互い緊張する事なく、自然に接する事ができて良かったです。
食事はほとんどする暇がありませんでした。
ですので、食べられるようであれば、軽食でもいいので朝食を摂っておいた方がいいです。
また、席によってはムービー等が見にくい席があるので、事前に「席は自由に移動していいよ!」など
一言、配慮してあげるといいと思います。

5.結婚式を終えての感想

前撮りから式~披露宴まで本当に楽しく結婚式を挙げて良かったと思っています。
受付には、自作したウェディングツリーを飾り、皆に押してもらったウェディングツリーをチャペルにも飾ってもらいました。
新婦が消しゴムはんこ作家という事もあり、席札や席次表のワンポイントに、オリジナルのはんこを使用したり、飾りも自分たちで作ったり、写真をパネル張りにして貼ることで、自分達らしさを表現することができました。

また、たくさんのゲストから、料理が美味しかったと言ってもらえて、本当に皆と楽しい時間を共有出来た素敵な1日になりました。


6.花嫁へのアドバイス

オリジナルのものを作ったり、自分たちらしさを出そうと思ったら、本当に準備に時間が足りませんでした。
なので、結婚式、式場が決まったら、出来ることから準備に取り掛かった方がいいです。
(例えば、出席者のリストを作るとか、式や披露宴の具体的なイメージを膨らませておくなど…)
今はネットでたくさんのアイデアなどを見る事ができるので、それを参考にして《自分たちがやりたい》と思うものを固めていくと、準備がしやすいです。
あと、友人や家族などに、頼めるもは頼みましょう!
意外と頼まれるのを待っています(笑)
式が近づくと、気持ちに余裕が無くなってくるので、二人がしないといけない事などのToDoリストを分かりやすいところに貼るなどしておいた方がいいです。
夏に式を挙げる場合は、前撮りの際にもしっかり日焼け止めを塗っておいてた方がいいです。


7.新郎へのアドバイス

結婚式の主役は、あくまでも新婦なので、打ち合わせや準備中は、新婦がやりたい!と思っている事にはできるだけ反対せず、基本的に叶えてあげる事がいい結婚式にするために大事な事だと思います。
男目線での「これ必要?」は、女性目線での「超重要!」な事もあると思います。
準備は本当に大変ですが、自分もワクワクして楽しく準備する事が大切です。


新郎・新婦名 平尾 健一様・淵 めぐみ様 
挙式スタイル チャペル式 
季節 夏 
人数 89名 
コンセプト アットホーム 
会場 ザ・シーズンズ