今まで自分が参加してきた結婚式とはひと味違ったウェディングを希望する方の多い昨今。
多くの結婚式に自分自身も参加してきたことで、目が肥えている新郎新婦様は、それぞれ様々なニーズをもっています。
人気の傾向としては、「ナチュラル」「クラシカル」「アットホーム」「和」などがキーワード。

その中で多くの新郎新婦に共通する想いは、ふたりが“ゲストを重要視している”点と、“自分達らしさを出したい”“本格志向をもっている”という点。
そんな希望をもったおふたりに今回是非おすすめしたいのが「文化財ウェディング」です!
今回はその会場自身が持つ魅力と、文化財ウェディングならではの利点、そして関東で文化財を使ったウェディングが出来る会場をいくつかご紹介してまいります。
 

本格志向の結婚式をするなら文化財で

文化財ウェディング

上にも記したとおり、結婚式に対するニーズが変化している今、実際にこんな希望を多くお聞きします。
「結婚式をするなら、余興などでわいわい盛り上がるよりも、ゲストにはゆったりと会話や食事を楽しんでほしい」
「せわしないスケジュールや、他のゲストが沢山いる空間ではなく、自分達の家に招いたようなアットホームな時間を過ごしてほしい」
「数多くの結婚式に出席している中で、あまり会場はかぶりたくない」
「ゴージャスなゴテゴテした内装の会場ではなく、シンプルな内装でいい」
「ゲストが会場に到着してから帰るまで、自分たちらしさを随所に感じてもらいたい」
「色んな人の結婚式のために作られた会場ではなく、歴史あるところで式を挙げたい」
こんな希望を全て叶えてくれるのが文化財ウェディングです。
 

文化財ウェディングのメリット

旧細川侯爵邸で結婚式

文化財に選ばれているような建築物ですから、ロケーションの良さや、建物自体の素晴らしさは言うまでもありません。
会場でのお写真は、ひとつひとつのシーンが建造物の持つ素晴らしさでよりおふたりを引立てます。
戸建てになっていることの多い文化財なら、一日貸切りで会場を使うことができ、専門式場やホテルのように、ゲスト同士が会場内ですれ違うことがありません。
また、会場によっては、自分達の好きなように挙式や披露宴の時間配分を設定したり、部屋の使い方を変えられる場合も。
ゲストの人数や年齢層によって最良の使い方をすることが出来るのです。
また長い歴史を重ねた会場なら、他にはないただひとつの存在感に加えて、装飾から演出までふたりのこだわりとセンスを貫くことができます。
歴史の重みを感じる挙式の後、クラシカルな佇まいや空気感をも楽しめるパーティが叶うのが、文化財ウェディングの魅力ですね。

歴史を今に伝える文化財建築

文化財建築の三渓園

国や市が指定した文化財建築に、実際に入ったり触れることの出来る機会はそうそうないもの。
結婚式などの特別な日以外は、一般公開していない会場もあります。
そんな会場の結婚式は、普段以上の特別さに加え、身が引き締まると同時にどこか懐かしさや温かみを感じるものです。
長い歴史を経た存在だからこそ、両親はもちろん、さらに前の世代から馴染みのある場合も。
そんな会場であげるのなら、文化財の由来をゲストに紹介したり、お待合の時間に簡単に館内ツアーをするのもおすすめの過ごし方。
その建物で実際に過ごした人々や、その場所を愛した人々の思いに見守られるようなひとときをお過ごしください。

結婚式のできる関東の文化財建築6選

それではここからは、実際に結婚式を挙げることの出来る文化財建築を紹介していきます。

旧細川侯爵邸

村上春樹『ノルウェイの森』のモデルになった洋館

ノルウェイの森のモデルになった洋館

和敬塾本館(旧細川侯爵邸)は、細川家第16代細川護立侯により昭和11年(1936年)に建てられた、昭和初期の代表的華族邸宅。東京都指定有形文化財に指定されています。
当時の面影を色濃く残す英国チューダー様式の邸宅は、鬱蒼とした森に囲まれた広大な芝生の庭をもち、そこは時空を越えた本物だけが持つ重厚感に満ち溢れています。
またサンルームや、有名建築家ウィリアム・モーリスのデザインしたサロンなど、歴史的価値が高く、趣のあるお部屋がたくさんあるため撮影スポットも充実しているという魅力も。

ウェディングの楽しみ方

旧細川侯爵邸のウェディング

建物は3階建て。一日一組貸切のため、その全てを自由に使うことが出来ます。
文化人や政府の要人も使用したという応接室を、ゲストのお待合室として利用したり、当時は舞踏会を行っていたというパーティールームを披露宴会場にしたりと、使い方は自由自在。
和の趣も残した洋館のため、和装でも和モダンな雰囲気となりおすすめです。
また、旧細川侯爵邸は邸宅だけでなく、庭園自体も東京都指定有形文化財になっています。
樹齢数十年の深い森に囲まれた広大な芝生のガーデンでは、外国映画のワンシーンのようなガーデン挙式が叶います。
この庭園では挙式の後のウェルカム―パーティーや、デザートビュッフェなどの演出も可能。悠久の時を感じる格式高い空間で、都会の喧騒を忘れさせる非日常をゲストの皆様と体感ください。

◆挙式
~70名(応接室にて行う場合)
~70名(ガーデンにて行う場合)
◆披露宴
~70名
◆料理
フランス料理
◆アクセス
東京メトロ有楽町線「護国寺駅」徒歩10分
JR山手線「目白駅」より都営バス新宿駅西口行(白61)7分
東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」より都営バス練馬車庫行(白61)5分
◆ポイント
一日一組貸切・館内の使い方自由自在・ガーデン利用可

【この会場のキーワード】
洋館/クラシカル/レトロ/ナチュラル/重厚感/キリスト教式/神前式/人前式/貸切/アットホーム/ガーデン

旧細川侯爵邸のブライダルフェア
旧細川侯爵邸のフェアはこちらから

 

東京都公園資料館(フェリーチェガーデン日比谷)

アンティークな、ドイツのバンガロー風一軒家

日比谷公園のフェリーチェガーデン #近代建築 #日比谷公園

janeesqueさん(@janeesque)が投稿した写真 –

東京都公園資料館は、日比谷公園内にある木造2階建のドイツのバンガロー様式の一軒家です。
日比谷公園は、日本初の洋式庭園として100年以上の歴史を持ち、その中に明治43年(1910年)に日比谷公園事務所として建てられました。
昭和51年に、公園資料館としての以前の姿を残しつつ、展示用に改造がされ、平成2年には東京都の有形文化財として指定されました。
現在は庭を中心に、ガーデンウェディング会場として使われています。

ウェディングの楽しみ方

都会のオアシスである100年の歴史をもつ公園がふたりの舞台となります。
青空の下で、生演奏をBGMにした海外映画のようなガーデンパーティや、またまだ日本では珍しいテントウェディングが可能です。
チャペルに隣接する公園資料館の趣ある空間は、お支度や控え室にと贅沢に活用できます。
少人数や、カジュアルなパーティ、ビュッフェスタイルでのアットホームな結婚式をご希望のおふたりにおすすめです。

◆挙式
~50名
◆披露宴
~12名(ダイニングルーム)
~30名(セレモニーホール/立食)
~50名(ガーデン・セレモニーホール全体/立食)
◆料理
フランス料理・イタリア料理・折衷料理
◆アクセス
日比谷・千代田・三田線「日比谷駅」A10出口より徒歩1分
丸の内線「霞が関駅」から徒歩5分
JR「有楽町駅」より徒歩5分
◆ポイント
一日一組貸切・少人数・ガーデン・ブッフェスタイル

【この会場のキーワード】
洋館/ナチュラル/カジュアル/アットホーム/クラシカル/キュート/人前式/キリスト教式/アットホーム/少人数/貸切
 

目黒雅叙園

88周年を迎えた日本の挙式の伝統を未来へと繋ぐ老舗

異次元のような世界観 #目黒雅叙園 #winetasting

Yuko Higa ☆Witchさん(@majo_stone)が投稿した写真 –

昭和3年(1928)に創業した日本初の結婚式場・ホテル・レストランなどの複合施設。
“昭和の竜宮城”と呼ばれた姿は、平成の今でも絢爛豪華な姿を保つ。
天井絵や連作壁画の色鮮やかな装飾や、約2500点もの数の美術工芸品や四季折々の庭園風景に自然と目を奪われます。
登録有形文化財の百段階段と6つの部屋は、館内に現存する唯一の木造建築です。

ウェディングの楽しみ方

自然美と芸術美が織り成す場所で、創業時から培われたおもてなしをゲストの皆さまへ届けましょう。
目黒雅叙園は、総合結婚式場ならではの3つのチャペルと、伝統が息づく神殿、多彩な披露宴会場をもっているため、様々な形のウェディングが叶います。
神前式では雅楽の調べが響く中、金沢で古くから伝わる演出「花嫁のれん」ができるなど、伝統を重んじながらも自由な式を行うことが可能。
大小の披露宴会場とサロン、チャペル、ブライズルーム、ホテルなどの施設も完備しているため、遠方のゲストがいても安心ですね。
繊細な移築復元、再利用、保存によって蘇った豪奢なレトロモダンの世界で、和と洋が融合した新しいウェディングシーンを演出しましょう

◆挙式
~80名(神殿にて神前式の場合)
~120名(チャペルにてキリスト教式の場合/多数のチャペルあり)
◆披露宴
10~122名(多数の披露宴会場あり)
◆料理
日本料理/フランス料理/中華料理/折衷料理
立食のブッフェも対応有
◆アクセス
JR山手線、東急目黒線、地下鉄南北線、三田線「目黒駅」より徒歩3分
◆ポイント
結婚式場としての歴史が長い・宿泊施設あり・全てが文化財ではない

【この会場のキーワード】
専門式場/純和風/ゴージャス/クラシカル/重厚感/キリスト教式/ 神前式/ 人前式
 

三渓園 鶴翔閣(横浜市指定有形文化財)

広大な日本庭園内にある純和風の歴史建築

広大な日本庭園内にある純和風の歴史建築三渓園の挙式

三渓園とは、横浜にある数多くの文化財を有する広大な日本庭園です。それ自体も国指定名勝に選ばれています。
その三溪園の中にあるのが、横浜市指定有形文化財に指定されている鶴翔閣(かくしょうかく)。
和の迎賓館とも呼ばれているこの建築物は、当時の構造や間取りを復元しつつ、大規模な日本間や広大な前庭をもち、横浜で和の結婚式をする最適な場所として、市のホームページでも紹介されています。
建物は楽室棟、茶の間棟、客間棟から構成されており、その広さはなんと290坪。
上空から見た形があたかも鶴が飛翔している姿を思わせることから、“鶴翔閣(かくしょうかく)”と名づけられています。

ウェディングの楽しみ方

三渓園での結婚式

築110余年の本物の「和」空間を、1日1組限定で貸し切ることが出来ます。
平屋建ての日本家屋のため、建物内の移動が少なく、神前式も館内で行うことが可能。
靴を脱いで館内に入るスタイルは、日本古来の自宅結婚式を感じさせ、ゲストも新郎新婦の自宅に招かれたような気持ちでゆったりと過ごして頂くことができます。
また、日本三大料亭である「新ばし金田中」の本格和懐石料理が結婚式で味わえるのは、ここ鶴翔閣だけというのも大きな魅力です。
純和風とは言いながらも、木の温もりとガラス窓から差し込む暖かな光とシンプルな造りは、洋装にもぴったり。
ここで結婚式を行うカップルのほとんどが、洋装と和装を楽しんでいます。
数ある部屋を、挙式や待合室といった目的に応じて自由に組み替えられる上、ふすまや障子も自由に入れ替えることが出来るので、少人数から大人数まで様々なニーズに対応可能。
鶴翔閣自体が持つ中庭も自由に使うことができるため、ガーデン挙式を行ったり、集合写真を撮ったり、この会場ならではの和スイーツブッフェを行うことも。
また、完全バリアフリー・空調設備が整っているのも戸建ての文化財ウェディング会場には嬉しい利点です。

◆挙式
~90名(ガーデンも可)
◆披露宴
~150名(畳 ※椅子着席)
◆料理
和懐石料理(日本三大料亭「新ばし 金田中」の特別和懐石)
◆アクセス
みなとみらい線「元町・中華街」駅または京浜東北線「根岸」駅よりバス降車後徒歩5分
◆ポイント
一日一組貸切・純和風・三大料亭の料理

【この会場のキーワード】
日本家屋/純和風/クラシカル/レトロ/重厚感/ 神前式/人前式/キリスト教式/アットホーム/貸切/ ガーデン
 

三渓園のブライダルフェア
三溪園のブライダルフェアはこちらから

 

富士屋ホテル

箱根の山並みを臨む一流のクラシックリゾート

富士屋ホテルは自然豊かな箱根町の宮ノ下温泉にある、1878年創業の日本を代表するクラシックホテルです。
明治24年(1891)に建てられた本館をはじめ、西洋館、花御殿、旧御用邸の別館・菊華荘などホテル内の建物のほとんどは国の登録有形文化財に登録されたもの。
飴色に輝く階段、ステンドグラス、木の温もり溢れるロビー、温かな炎を灯す暖炉、そのどれもが懐かしく心温まる記憶でしょう。
一日いても飽きなほど広いホテルは、結婚式の後、観光を兼ねての利用にも最適です。
和と洋が融合する美しい建物に、1万坪の敷地のほぼ半分を占める日本庭園も見所のひとつです。

ウェディングの楽しみ方

テラスガーデンにクラシックチャペル、近隣の箱根神社など多彩な挙式スタイルから選択が可能。
披露宴は大正ロマン香るパーティルームや、明治28年に建てられた旧宮ノ下御用邸の純日本建築「菊華荘」で高貴な品格溢れる雅婚も。
宿泊付きウェディングプランなら、ゲストと一緒に温泉や館内ツアー、庭園の散策が満喫できます。
歴史あるホテルでのウェディングは安心感があり、遠方の方が多い場合はそのまま宿泊ができるためオススメです。
ゲストにとって結婚式以外の魅力も多いのがこの会場の特徴ですね。

◆挙式
~35名(神殿にて神前式の場合)
~100名(チャペルにてキリスト教式の場合)
~40名(ガーデンにて人前式・キリスト教式の場合)
~100名(テラスチャペルにて人前式・キリスト教式の場合)
◆披露宴
6~200名(多数の披露宴会場あり)
◆料理
フランス料理
◆アクセス
箱根湯本駅から箱根登山鉄道(強羅行)「宮ノ下駅」下車徒歩7分
◆ポイント
ホテル・和モダン・宿泊付きウェディングプランあり

【この会場のキーワード】
ホテル/ クラシカル/レトロ/重厚感/純和風/キリスト教式/ 神前式/ 人前式/
 

いつでも帰ってこられる場所

歴史的建造物の挙式

文化財ウェディングの特徴として一番に挙げられるのは、それが永遠になくならない場所であるということ。
大切な人々に祝福され、おふたりのスタート地点として選ばれたその場所が、将来別の建物や道路などになってしまうのはとても寂しいものです。
時代を重ねてこれからも大切にされていく場所が、おふたりにとっての想い出の場所になるということは、それ自体が素晴らしいことだと思いませんか。
挙式後も、おふたりの記念日に訪れたり、いずれはお子様と一緒にお散歩をしたり、年を重ねてからも訪れようと約束する場所になることでしょう。
これから続くおふたりの人生とともに過ごしていく大切な場所となるのです。

地元民から愛される観光地であったり、都心の喧騒から離れた非日常の空間を感じられる文化財。
10年後も20年後も訪れる事の出来るこの場所でおふたりの誓いを立てませんか。
 
 

◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:

永遠になくなることのない会場で結婚式をしませんか?

横浜 三溪園(横浜市指定有形文化財)

旧細川侯爵邸 和敬塾本館(東京都指定有形文化財)

◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆: