結婚式を挙げることが決まったら、まず思い浮かぶのが、「どんな場所で結婚式を叶えよう…」ということではないでしょうか。
でも実際に会場探しって何から始めたらいいの?
先輩花嫁が言っていたり、ネットで良く見る「ブライダルフェア」って実際どんなもの?
今回はそんな結婚式の準備を始めたばかりの方へ向けて、結婚式準備の第一歩、結婚式場の探し方や「ブライダルフェア」に関してお話をしていきたいと思います。

そもそも「ブライダルフェア」ってなに?

ブライダルフェア

「ブライダルフェア」とは、本番さながらの会場を確認できる式場主催の会場見学のことをさします。
パーティーや宴会がない日のがらんとした会場を見ても、実際の披露宴のイメージはなかなかつかみづらいもの。
ブライダルフェアであれば、披露宴本番と同様に、美しく飾りつけられた会場を見せてもらうことが出来、当日の雰囲気をつかめます。
フェアの内容は会場によって異なり、模擬挙式・披露宴・試食会や衣装の試着などさまざまな催しが企画されており、その会場のサービスが実際に体感できるのが良いところです。
結婚を考えているカップルやその家族であれば、基本的に無料で参加することが出来ます。
気になる会場を見つけたら、是非足を運んでみましょう。

下見をする会場選びのコツ

まずは情報集めから

足を運んでみましょう!とは言いましたが、インターネットや結婚情報誌を開けば星の数ほど出てくる結婚式場。
どんな会場が自分達に合うのか、どの会場から回ったらいいのか、わからなくなってしまいますよね。
結婚式では、主に夫婦となるための挙式と、夫婦になったことをお披露目する披露宴を行いますが、
今は結婚式の種類も広がりを見せ、挙式も披露宴もさまざまなスタイルがあり好きなように選べます。
沢山の選択肢の中から二人らしい結婚式のスタイルを決めるために、まずは結婚情報誌やインターネットなどで情報を集めて「知る」ことが大切です。
いろいろな情報に触れて自分達はどんな結婚式にしたいのか、考えることから始めてみましょう。

「挙式スタイル」と「自分達らしさ」を考える

結婚式のプランは幾通りもあるため、ふたりのイメージがある程度固まっていないと会場やプランを絞り込めず、
実際に足を運んでも時間や労力を無駄にしてしまう恐れがあります。
ちょっと面倒かもしれませんが、二人で意見を出し合ってイメージを固めましょう。

最初に決めておくと良いのが「挙式スタイル」
ドレスを着て華やかなキリスト教式、和装を着て厳かに神前式、アットホームな人前式など、どのスタイルが自分たちの結婚式のイメージに合うでしょうか。
 

神前式の結婚式

★神前式についてはこちら
神前式って何?費用や歴史、気になる基礎知識について

会場によって行える挙式スタイルも異なるため、事前に考えておくと会場選びもスムーズに行えます。

また、簡単な「こだわり」を事前にふたりですり合わせしておくのもポイント。

「友達をたくさん呼びたい」
「夏だから海がテーマ」
「こぢんまりとしたアットホームな式がいい」
「料理にこだわる」

など、漠然としたイメージでも二人が納得していればどのようなものでも構いません。
例えば会場の絞り込みや何に予算をかけるかを考えるとき、「収容人数を優先に」「料理を優先に」など、この先迷った時の一つの指針になります。

方向性が決まったらそこからガーデンウェディングレストランウェディング文化財ウェディングなど、自分達の希望通りの挙式・披露宴ができそうな会場の雰囲気を固めていきます。
数件まで絞り込んだら、実際に予約をしてみましょう!

※イメージの固め方はコラムの後半も参考にしてみてくださいね。

ブライダルフェアに行く前に

ブライダルフェアに参加するに当たって、下記のポイントを是非押さえておきましょう!

ウェディングフェア
 

インターネットなどで日時を確認し、効率よく回る

まずは結婚情報誌やインターネットなどで行ってみたい会場のフェア開催の日程を確認。
二人で会場下見に行くとなると、休みが合う限られた日にしか回ることはできません。
下見にかかる平均時間は、試食の有無にもよりますが、平均で1会場2.5時間ほど。
頑張れば午前・午後・夜と一日3会場見学できますが、実際に挙式を希望するのが昼間なら、昼の様子も見ておきたいものです。
意外と体力も使うので、一会場をゆっくりと見学検討するのであれば、最大でも1日2会場がオススメです。
無理のないスケジュールで回りましょう!

試食会は有料の会場もあり、予約が必要な場合が多いもの。
せっかく行ったのに参加出来ないことがないように、直接会場に問い合わせて事前に確認をしておきましょう。

ざっくりとした招待人数を把握しておく

具体的にリストアップまでする必要はありませんが、だいたいのゲスト人数は把握しておきましょう。
実際に会場を見る際、披露宴会場がどのくらい埋まるのか想定でき、当日のイメージがしやすくなります。
また、見積もりを出す際にも重要な項目となるため大幅な変更はなさそうな数字が良いでしょう。
会場を決めた後に、披露宴会場内に招待客が入りきらない/少なすぎるといった問題も防ぐことができます。

チェック項目を明確にしておく

いくつか見てまわる中から、1つの会場を選び出すためには、
交通の便や会場の広さ、インテリアなど、細かく項目ごとにチェックして比較しなければなりません。
事前にどこを見ればよいかリストにしておくと、チェック漏れがなくなります。
是非次からのチェックポイントを参考にしてみてくださいね。

下見で確認する6つのポイント

ブライダルフェア

その1.会場の雰囲気

・挙式場の雰囲気(屋内か、屋外か)
・会場の収容人数
・会場のインテリアやテーブル配置

メインとなる披露宴会場以外にも、エントランスやロビー、トイレなどの施設の印象も確認しましょう。
また、ガーデンやテラスが使えると演出の幅も広がります。

その2.料理の内容

・料理の種類やメニュー
・味は満足いくものか
・どれくらい自由に選べるか

試食は有料の会場もありますが、試してみてしっかりと検討しましょう。
また、どんな演出が可能かも聞きましょう

その3.設備の充実具合

・プロジェクターや、やりたい演出を叶えるための設備があるかどうか
・控室は何室使えるか、広さは十分か(招待客が落ち着いて過ごせそうか)
・メイクルームの使いやすさ

その4.交通アクセス

・招待客が利用する交通機関は何か
・車でもわかりやすい場所か
・最寄駅からは徒歩何分か
・送迎バスの有無

会場に向かうまでの周辺環境の雰囲気なども確認しておくと良いでしょう

そおの5.日程と予算

料理や飲み物、会場使用料など、おおよそいくらくらいかかるか、見積もりを出してもらいましょう。
また、自分達が希望する時期の空き状況を確認しておきます。
もし気に入った会場があれば、両親などの都合を確認し予約をしましょう。

その6.スタッフの対応

結婚式を成功させるためには、スタッフの対応が重要です。
二人の希望を受け止めてくれ、当日も快く招待客を迎えてくれそうか、スタッフの接客態度や仕事ぶりもチェックしましょう。
また、その日に担当してくれたスタッフが当日まで担当してくれるかも聞いておきましょう。
 

ブライダルフェア基礎知識(前編)は会場に行く前の注意点をご紹介しました!
後編は、実際に会場を足を運んだ場合のチェックポイントについてお話します!

結婚を決めたらはじめに読んでほしい!ブライダルフェア基礎知識(後編)
 

 
初心者におすすめのブライダルフェア
◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:

和婚・和装なら
横浜 三溪園(横浜市指定有形文化財)のフェア

美味しい料理・アットホームなら
ラ・ブラスリーのフェア

◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆: